(写真:トシムラ / 編集:umaneco)

インタビューされねぇから、逆にインタビューしにきたumanecoだ!!!パートスリー!!

やってきました第三弾!
前回の“禁断の多数決 ほうのきかずなり氏”回の興奮も冷めやらぬなか、今回突撃するのは、umaneco“野球拳”のビートメイカーでもあるこの方!高野政所 a.k.a DJ JET BARONさん、です!!よろしくお願いします!

お、umanecoじゃん!
アルバム、聴いた聴いたぁ!笑
よかったよ!

だろぉ!?

あ、やっぱ?笑
このインタビュー企画も読んでるよ。

本当ですか!ありがとうございます!
我々アルバムを出したばかりですが、まだWEBメディアにインタビューされたことがなくて…。大手メディアに依頼したら5万円かかるって言われて。でもお金もないので注目度の高い人に突撃して、逆にインタビューするっていう。

注目度、俺は悪い意味で高いけどね。
悪名の方だからさ。笑

いやいや! 政所さんはWikipediaとかも凄いじゃないですか!細かくて!(羨望!)

あー、やっぱWikipedia載りたい?

載りたい!笑
でも実はジュンヤさんが禁断の多数決に復帰したので、(禁断の多数決ページに)umanecoがWikipediaデビューしたんです…でもスペルが間違ってて!笑

 

(×umaneko ○umaneco 編集求ム!!)
→公開後すぐに直りました。
ありがとう直してくれた人!

あーあるある。FunkotのことFankotって書かれるもん。笑

早速なんですけど、私の政所さんとの出会いは、クイックジャパンの“ナードコア・テクノの夜明け”を読んだことでした!そっからなんで…だいぶ昔ですね。

また、古い話を持ってきたね…笑
MALICE MIZERの表紙のやつだ。

そうです!古い話も聞きたいなと思ってて…今って政所さんはエンターテインメントじゃないですか。

まあ、そうだね。自分で言っちゃってるからね、おもしろおじさんとか、前科おじさんって笑

DJでもコアな人だけじゃなくて、普通の人をアゲるっていう。

まあね。こういうBARでやったりしてるから、コアなことをやってもわかってくれないし。男芸者っていうかね、芸者のようなおもねったプレイをするようにしてますけどね。

音楽を作り始めた時って自己陶酔というか、あまり周りを見れないで作ったりするじゃないですか。そこから客観というか、お客さんを意識したエンターテイメントになったのはどうやって変わったのかなって?

でも俺は最初からウケたいと思ってたよ
ナードコアって言って吉幾三とか仮面ライダーアマゾンのフレーズを違法サンプリングしてたわけだけど、まずは自分が大爆笑するってスタートラインだから。基本的にウケたいって感じでやってた。ストイックに音世界をとか考えたことはないかな。

へー!

打ち込みが好きとか、好みは出るけど、基本的にはウケるためならなんでもやるよね。アーティストじゃないのかも。芸者とか、サービス業っていうイメージですかね。承認欲求を得たいならまずおもねる。平日のバーで独自の音楽感とか、音空間とかやってもねえ。

その辺は結構TRIOで学びましたね。

自分の世界やってもただ酒飲めない。笑
その点、TRIOはチップ制がある。承認欲求よりお金だぜっていう。

なに?わりと世界観、美学を伝えたいの?笑

いや!ないっす!笑
でも私がDJ始めた時って、女DJがドープなことやるとウケてたんすよ。 自己陶酔、してる女を、見てる、みたいな笑 そこからumanecoは笑わせたいみたいなところに行くまで葛藤が…

気を悪くする人もいるかもしれないけど、一般論的に、女DJはだいたい男まさりな選曲するよね。笑
割と乙女チックなDJをするのはおじさんだったり。
意外と女子力の高い女子DJってのは見たことない。

確かに!
私はアンダーグラウンドかっこいい信仰から抜けた感があります。 やっと抜けた!見たいな。政所さんはありますか?

アンダーグラウンドかっこいい信仰のやつらをおちょくるようなことはしてたけどね。変名で真面目なテクノを作ってアナログ切るとか笑。でも基本的には馬鹿にしてたし。ウケた方がちやほやされるし、優しくされるじゃん。

おちょくってる笑

アンダーグラウンドかっけーってのは、カリスマ性とか、キャラクターを作っていかないといけないじゃん。でも無理にかっこつけてもかっこつかない。 たまにそういう人が異常にかっこいい時ってのもあるけどね。でもそういうのは副産物であって。まあ俺は昔からおもしろかっこいいが好き。魔神英雄伝ワタルみたいな。来週もおもしろかっこいいぜ!っていう。おもしろかっこいいって超やばいなって。笑

やばい!笑

どうしても原点が電気グルーヴだったりするからね。おもしろかっこいい性っていうのは最初からあった。ジャケで目線逸らしたりとか、縁遠かったね。そういう仲間もいましたけど、俺は柄じゃないなって。笑

ブレないっすね。

あんまり、ブレてはないかもね。だって、かっこつけてるやつの7割ぐらいはかっこついてないからね笑

確かに…。
昔憧れていたアーティストは?

昔から電気グルーヴは好きだね。そこは変わんない。 好きすぎて愛憎が入り乱れたりもするけど。同世代が卓球さんに認められてフックアップされたら、いつか殺してやる!とか笑。こいつより俺の方が面白いけどなーみたいな。でもフックアップ制度もいろいろあって、絶対親分を越えることができなくなっちゃうじゃん。一門衆みたいになっちゃうから。良し悪しはある。

一同:確かに!

フックアップは早いけどね。たまにいるじゃん、若くてデキるやつ。若くてデキるやつに憧れた時期もありましたよ正直。でももう若くないから笑。 若くなくても愛される人になった方がいいんじゃないかなって。

なるほど…

umanecoは平均年齢何歳?

31くらいかな。

でも30代っしょ。そういう時期じゃない?自分の美学とか世界観追求しているだけじゃやべえぞって焦り始める時期。

ほんと最近っすね。2年前ぐらいっす、それなったの。
かっこいいものはアンダーグラウンドにあるんだろうって思ってて。 でもスカムパークみたいなイベントから、あっ!て思って。 どうやら違うっ、面白い!って思って。 アンダーグラウンドっぽかった時の自分のDJを遠く感じてきました。 お前まだそこか!って。別にどこにも行ってないですけど、意識的に、違うものを見だしたというか。

わかるよ。ありましたよ。でもまあ、アンダーグラウンドの人はアンダーグラウンドの道を行けばいいってのはある。

アンダーグラウンドにも、すごい面白い人はいますよね!

アンダーグラウンドにもおもしろはある。それが、肌に合ってりゃいいんだよね。

贅沢ホリデイズの…CHOPSTICKさんと政所さんの動じなさがやばいと思うんですよ。

いやー、それは長く活動してるってからってだけだよ。大抵の対処は経験から学ぶじゃない。だって遊園地とかでライブしたことないでしょ?

ないです!笑 それ聞きたかったんです!場違いな場所でのライブ経験。

超やってるよ。富士急のお化け屋敷の前のステージとか。BMXショーの間にやらされて、あれが一番辛かったかな…ただ音楽をやっているという理由だけで呼ばれて。笑
ブースがすぐ後ろにあったらまだ1MC1DJみたいになるけど、お化け屋敷の廃病院のすごい高いところにブースがあって…ステージ上にほぼ一人で。笑 レオパルドンでナードコアじゃなくHIPHOPっぽいことやってる時期だった。

すごい…でもハート強くなりますよね。

ハートは強くなるね。そん時はすげー盛り上がりはしなかったけど、手を振ってくれるまでなんとかいった。でもまだその時、25ぐらいで俺童貞で。ミッツィー申し訳さんと宇多丸さんの周辺で、伊藤雄一って男がいるんだけど、同じく童貞で、そいつと二人で恋愛デスレースってのをやらされてて。ある一定期間で素人の女の子に声をかけて、最終日にお台場に呼び出して来た方が勝ちっていうレースで。それもあってやったことないナンパをすごいやったりブーストかかって頭おかしかった時期だった、色々焦ってて。最終的にそのレースは俺が勝ったんだけど“企画だったから”ってのもあって、来てくれた女の子とは自然に連絡取らなくなったね。

デスレース…すごいエネルギーですね。笑
童貞といえば、CHOPSTICKさんに聞いた話なんですけど、最近の童貞ってかっこいいらしいんです。今の若者って童貞なのが普通だから、恥ずかし気もない。「本気に好きな女いないからっすねえ。」って。 しかも栄養バランスもいいから身長も高いし、一緒に風呂入ったらみんなむけてたって。笑

あー、コンプレックスとかないんだ。

強い童貞っすね。笑

でも強いって言っても、童貞であることに恥じらいもないやつって、その時点でそいつの話、面白くないよね。笑

確かに!笑

つまらな童貞とおもしろ童貞がいる。

おもしろ童貞が童貞捨てたらみんなお祭りムードですけど、 つまらな童貞が童貞捨てても、「へー、そーなんだ。」ってなりますよね。

お祝いしたくないよね。もがいてほしい。

悶々とするから音楽始めるわけじゃないですか。
でもそれでいうと、今の10代でRAPやってるイケメンとかって、よくRAP始めたなーって思います!笑絶対SEXとかデートとか忙しいはずなのに…どんだけ寝てねえの!って。

学校行ってないのか、寝てないのか。でも確かに世のバンドマンでも、半分はちやほやされたい承認欲求で音楽始めるよねえ。

今はスポーツ感覚なのかもしれないですね。部活みたいな。
(唐突に)あ、イチヨンさん!たばこ一本ください。

ついでに僕にも…

あ、一本しかない…

あ、じゃあ回しますか。

一同:笑

回してたら…いよいよ怪しくなってきますね。

最初に聴いた音楽はなんですか?あと日本語ラップはいつから聴いてたのかなって気になります。

高校入る前はチャゲアスとか、本人が歌ってないパチもんの特撮テープとか聴いてたね。それで高校入るぐらいに、友達に教えてもらって電気グルーヴのラジオを知って、それがすごい面白くて。で、電気グルーヴが押してる音楽がテクノだった。

ラジオからなんですね。

ミニマルなテクノに突然嫌気がさしちゃって韓国のポップスにはまって。韓流が流行る全然前の2002年くらいかな。あの頃のテクノファンはJPOP聞いたら負けみたいなのがあった。それこそアングラ的思考で、小室哲哉は絶対聞かないみたいな。笑
でそのうちに韓国のラップが良かったから日本のラップ聴いてみて、K DUB SHINEさん聴いて”俺はすごい”ってことだけで音楽が成立するんだ!!って衝撃で。言葉がすげえなって。

K DUB SHINEさんの何を聞いたんですか?

現在時刻。あれは衝撃だったね。ラッパガリヤも好きで、走馬灯とかすごい聞いてた。でもラップに関しては不思議と、面白いラップより怖いラップが好きなんだよね。憧れというか、Vシネマを観ている気分。俺とは別世界っていう。

あ!ジェーンスーさんのラジオでも言ってましたね。“悪い人憧れがなおらない。” 絶対なれないし、しゃべることもないけど好きという。

そうそう。怖い人が怖いことを言うってのが面白い。

でも怖い人も大変ですよね。

仲間の裏切り許さないしね。

怖いで売れちゃったらUターンできない。笑

けど、だいだいおじさんになると面白いこと始めるよね。 オラオラ感が通用しなくなってきて。若いやつの方がオラオラは怖いから。向こう見ずだし。あとは会う人会う人にマウンティングするのが辛くなるってのがあるんじゃない。いつまでもナイフみたいに尖ってるのはね。

わかります!

エンタメも色々種類あるよね。
おもしろ方向で人を笑わせるか、かっこいい方向で人を憧れさせるか、あとは怖い方向でおもしろも、憧れも付いてくるけど、本当に怖い人も付いてくるっていう。笑

でも結局、極端みというか、突き抜けることは大事ってことすよね。

人気者になりたいの?umanecoは。

あります!

じゃあ、売れないとね。
どうやったら売れるのかは、20年やってもわからない。

政所さんは売れてるじゃないですか!

メジャーデビューしたけど、売れてはいないよ。
でも、こんなこと言うとあれだけど、売れるやつってのはだいたい仕組みがあるよね。

仕組み?

広告代理店がついてたり。あとからよくよく聞いてみるとって話だけど。多分インタビューの5万円をすっと払える資金力がある。笑

そうか…笑
事務所とか入ってみたいです。何をしてくれるんだろうって、気になります。

ユニバーサルの時は、スタジオの予約を代わりにとってくれたりとかはあったね。

その時、売れてる!って感覚はありましたか?

捕まる前は、忙しかったよ。
でも「売れてんでー!」というよりは目の前の仕事をこなす感じだった。好きなもんばっかはつくれないよね。売れるためにこうしなさいとか。でも音楽ではあるから、他の仕事やるよりいいよ。

(売れるために)
どういうことを言われるんですか?

キャッチーにしなさいとか、ここは何を言っているかわからないからもっとわかりやすくとか。でもだいたい間違ってないんだよね。的を得ている。ムカつくけど。笑

その時の視点で、今も意識していることはありますか?

そういうのを全く意識しないでやったのが節子で。笑
節子は自分が面白いなと思って。違法サンプリングもやらずに自分たちで声ネタ作って。これでナードコア、陽の当たる世界に行くのでは?って思ったんだけど、結果的には、なんで再生数こんなもんなんだ?って。

節子、バズってるじゃないですか!


いや、“節子”は一ヶ月ぐらいかかって再生数1万回で、でも友達のBUBBLE-Bの“爆走ミニバン”は二日で1万回再生されてて。


それで実は“節子”について、ある人と言い合いになって。まあ、ある人ってのは彼女なんだけど。笑

“節子”をめぐって彼女と言い合い!?笑

彼女には「節子って誰?」って言われて。
それで彼女から宇多丸さんのシネマハスラーのある回を聞かされた。「さらば愛しの大統領」っていう、世界のナベアツが監督のナンセンスギャグ映画なんだけど。その映画の冒頭で「この映画はアホになって観てください、インテリぶるのはかっこ悪い。」っていうテロップが出るんだけど、それって説明したらダメじゃない?そこはスムーズに持ってくのがプロの仕事だろって、酷評されてて。「考えるな!」って言われたら「考えないって何?」って、逆に考えちゃうから。いかに自然に持ってくか。DJもそうじゃん。いきなりわけわかんない曲かけてもついてこなくて、エサが大事。それが節子はいきなりすぎたもんだから「節子って誰!?」っていう拒否反応を起こす人がいて。

そうかー。

でも俺は細かい説明、めんどくさいタイプだから。意味とかねーし、節子とか。ツコツコ言ってて面白いじゃん!って。笑
でもそれが理解されないっていうことが今回はっきりわかった。それが“爆走ミニバン”と“節子”の再生数の差。

シャンパンマンはそういう意味では説明不要ですよね。

シャンパンマンはわかりやすいね。
だんだんわかりやすい曲にしようと思ってるよ、贅沢ホリデイズは。売れたいから。笑

節子以外は結構わかりやすい曲が多いとおもいます。“うちの子最高”とか。

ああいう曲をもっと世に出したあとで、節子が生きるかも。ナードコアとしての魂が救われるかなって。この前二丁目でDJした時“節子”が凄いウケたんだよね。でもその前のDJで何も考えさせない感じに持ってくのが大事で。

はいはいはい…

でもものづくりやってるやつって、だいたいその視点が抜けちゃうよね。面白いと思ったらそれをそのままやっちゃう。わかってもらうには、説明をしないといけないっていうめんどくさい作業が実は必要で。だから他人の意見は、超重要。普通の人の意見。

売れるって難しいなあ…

節子についていうと、中原昌也さんとかヒャダインさんとか高橋ヨシキさんとか、俺が尊敬している人はベタ褒めだったんだよ。でも普通の人は、ポンとYoutubeであれを見せられてもわからない。たまたま山辺節子っていう年齢詐称のおばちゃんが出てきて、こいつじゃねえかって話が飛び交ったりして笑。一応チョップさんの中では東映チャンネルを見てて、満州から帰ってきた船を降りて“お前、節子じゃねーかー!”ってシーンがあって。でも別にその節子も誰でもないし。まあ、そんなことは伝わらないよね。笑

一般の人にはそういう説明があった方がよかった、と。

そうみたい。笑

贅沢ホリデイズの次回作は?

“変なポーズマン”

わかりやすい!笑

節子が歯が折れそうな硬いせんべいなら、“変なポーズマン”はもうだいぶ噛み砕いた流動食。フルーチェみたいな。でも“かっこいい”人にはバカにされるかも。まぁ全取りはできないよ。

そうかー、でも電気グルーヴは全取りできてるんじゃないですか?

電気グルーヴは有無を言わさない実績があるじゃん。ベルリンで100万人の前でDJしたりだとか。でも我々は有無を言わさないプロフィールなんてない。「誰?」ってなる。「誰?」って奴が「節子」って言っても「誰が誰?」ってなるから。そしたらもう謎が謎を呼ぶだけだし、見なかったことにしようってなるよね。笑
そこをぶち抜いたのはPPAPだけだよね。ジャスティンも仕込みっていう可能性があるけど。

あー!!確かに!

(売れるために…)
あとは、友達が出世するのを待つ。 友達が出世して覚えてる?おれおれって!笑

わかります。
でも今のところ私が「頼む、売れてくれ!」って思っているのは政所さんとあっこゴリラです。がんばれ!!!!!って。笑

売れたら、「umanecoっていうやばいユニットがあるんだけど知ってる?」って言うよ。笑
でもそれはお互い様なんで。どっちが売れても言わないといけない。笑

過去に、おれおれ、覚えてる?って言われたことありますか?

知らないやつに友達だって言われてることはあった。

親戚の増えるやつじゃないですか?
でも嬉しいですよね?笑

嬉しい…かな?でも、知らないんだよ?笑
ラッパガリヤのトラックを作ったって言うと、態度が変わる人とかいるんだよね。やっぱ役が乗るというか。でもそうやって色々な役を乗っけてくってのが大事だよね。誰々のトラック作ったーとか、俺の場合は、逮捕されたとか。これはいよいよ難しい役だけどね。笑

それこそ今回、政所さんに野球拳のビートを提供してもらって、友達の間でも、あの高野政所が!?って話題になって。

お、反応あった?あの前科者が?!って。笑

曲いい!!って反応は凄いありました!

あのトラックはどういうイメージで作ったのかなというのが聞きたくて。

のののが近所なんで、こういう感じかなってのはわかったけど。 とにかくアルバムで一番、派手にしたかったってのはある。

ありがたい!一番華やかです!

最初は万引きGメンっていうテーマでしたよね。笑

世の中的にも俺的にも、犯罪ブームってのがあったからね。笑
でも野球拳で返ってきて、結果的に良かった。まあ強いて言うなら野球拳って言いながら…内容は、酒の曲だよね?

そうっすね笑

そういうところで一貫性が出れば、 聞いてるほうがもっとわかりやすくなるはず。

作ってると没頭してわかんなくなるんですよね。
Maezonoがいた時は、わかりづらいとか、意見をくれたんですよ。 でも他人に意見を求めると、聞いたのはこっちなのに「いや、そんなことねえ!」って、怒っちゃう。笑

それでも人の意見は聞いてみたほうがいい。初めて聞く人がどう思うか。産業音楽っぽくて俺はやりたくないけど、売れたいなら必要だね。好きなことをやって売れようってのはなかなか難しいと思う。

野球拳の個人バース部分についても、政所さんがどう思ったかなーって気になって。

他人の評価を気にしちゃうんだな?笑
イチヨンくんは脱力の感じがすげえはまってて、キャラが立ってると思ったよ。 のののとペリカンは少し音域が重なってるかなとは思ったね。ウイスキーでうがいしたりしたらいいんじゃない?笑

永ちゃんスタイルっすね!

スピリタスで歯を磨いたり。大事だと思うよ、個性つける。
でもリリックはちゃんと面白くてよかった

政所さんは最近、地域で精力的に活動していますよね。不動前TRIOでもDJ PooLSharK、丸省さん、私とやっている“HOOD SHOT“やDJ子役さんとの”ウェイウェイ!ウェンズデー”、そしてモーリー・ロバートソンさんの”モーリー・ナイト“とか。

まず近くで便利だよね。すぐできるってすごい大事
近くのお店大事にしたほうがいいんじゃないって。

政所さんは自分でACID PANDA CAFEをやっていたわけじゃないですか。面白い土壌を作るって意識があるんでしょうか?

俺がというか、アシパンは仲間と一緒に立ち上げたんですよ。それで面白いやつの友達ってだいたい面白いなって。つまんないイベントとかもあったけど、残ったイベントは面白かった。

今、面白いやつが売れてるなと思ってて。

確かに、面白くて、かっこよくないひとが売れてきてるかもね。岡崎体育とかクリトリック・リスとか。でもおもしろシーンってのも、めんめんと続いているんじゃないかな、俺はあまり影響受けてないけど、それこそナゴムレコードとか。

あー確かに!
でも今は特に、おもしろラッキーというか、おもしろバブルだと思うんです。

また5年ぐらいしたら、変わるかもね。

Suchmosがいなかったらなあって笑

え!俺たちSuchmosと張り合ってるんすか?笑

いや、<POPEYE> VS <SPA、ブブカ、実話ナックルズ> っていう構図ですよ、いま。でもSuchmosがいるからポパイが強くて、心配!笑

かっこいいVSおもしろね。でもおもしろを前面に出すと、敵は作りにくいよ。かっこいいアーティストも怖い人もおもしろ好きだったりするし。お互いの海域を犯さないから。同じおもしろを目指してると、バチバチあるかもしれないけど。かっこいいバンドって、かわいいアイドルと仲良くなるじゃん。貿易できるし。かっこいい同士は戦争になっちゃう。

確かに!!

umanecoもすごいかっこいいバンドと仲良くなったりしたらいいんじゃない?ビートルズの前にドリフがやるみたいに。

あー!いい!

かっこいい、かわいいは劣化する。でもおもしろは伸び代がある。跳ねるまで大変だけど。長くやるならおもしろがいいかも。あとかっこいいやつは、ちょっと面白いだけでもいいからずるいよね。

あービジュアル系とかが面白いといいですよね。
ゴールデンボンバーとか私一時期好きでした。

結局おもしろいって強い。

私、政所さんは「5時に夢中」感覚で楽しんでます。 発言、発想が面白くて…そういうところから知ってくれる人もいますよね?

確かにラジオでついてきてくれる人もいるかもねえ。ラジオって10万人とかは聴いてるらしいよ。

モーリー・ロバートソンさんの配信も面白いですよね。

ニコ生、面白いよね。俺もモーリーさんが言ってることの7割わかんないけどね。でもモーリーさんは可愛さがある。白ゴリラのような。笑

お正月の配信で、モーリーさんが高橋ヨシキさんに冷たくあしらわれてるのが凄いかわいかったです。笑

可愛げがあれば、毒蝮三太夫みたいにババアにババアって言って許される。
愛されるところからはじめますか、本末転倒だけど。笑

政所さん聞いてください…
イチヨンが宇宙から来たのかな?ってくらいパープリン天然野郎で。

イチヨンって初対面の時とか、誰とでもすぐに仲良くなるんです。
でも仲良くなると、“え?この人なんなの?!”って感じの無礼な発言をしちゃうことがあって。

たまに空気読めない発言しちゃうんだ?

そうなんです。それをあとから聞くことがあって。

なので私、解決策を考えたんです。
Twitterでヘルプデスクを作ろうかと思って。
イチヨントラブルはここまで!という相談窓口。

いや、それはちょっと、勘弁してほしいっす。笑

そういうとこがね、まだ、つまんない!
もうちょっと面白くしようっていうさ。

ヘルプデスク、いいじゃん。
「こういうお便りが来ています。」って紹介して、イチヨンくんが毎回謝罪するとか。

そうなんですよ!ぜったい、面白くなる。

イチヨンにはチャンスだと思ってほしいんすよ。
ピンチはチャンス!笑
みんな失敗談とかって聞きたいじゃないですか、こんなこと言っちゃったんです!って話とか。でもイチヨンはかっこつけて、表沙汰にするのを嫌がるんですよ。

あの……以後、気をつけますんで…

いや、気をつけないでいいって話なんだ!
腹くくって表沙汰にしてほしいんですよ。イチヨンのキャラは変えずに。 “無礼“だって言うんならそのままでいい。それを私らが全力でエンタメ化していくから。

無礼キャラをあえて背負っちゃったほうが、ウケる。ぜったい。
それで最後に“こいつ懲りないなー”ってセリフを吐いてみても面白い。笑

「らっぷの時間」でもこんなことがあったんです。
umanecoの結成について本番で聞きます!って放送前に言われてて。で、イチヨンが加入した時って、イチヨンがスタジオに遊びに来て、土下座して「入れてください!」って言ったんすよ。これめっちゃ面白いじゃないですか!笑

めっちゃ面白い。笑

で、それを話すって言ったら、すっげえ真面目な顔で、 “マジでやめてください”って…
わかってねーなーって思いました。笑

言ったほうが絶対いい!
そこまでして入りたかったんだ、ここに!!? っていう視点もあるし。笑
土下座してでも入りたいバンドなんだ!って思わせれるじゃん。

そうなんです。 でも言えなかった…泣

イチヨンくんは“突き抜けることが大事”って、さっき言ってたけど。ここで突き抜けたほうがいいよ。

わかってないよ、自分の面白さを。
公にしたら絶対バズる。あなた、人気者になる。

人が聞いて喜ぶのは、自分が恥ずかしいと思ってることだから。
完璧な自分を見せて喜ぶやつなんていない。顔がガクトじゃない限り。

ガクトなあ、ガクトのヘルプデスクは、ない。笑

わかりますけど…勘弁してください…

いやー売れないなあ、それじゃあ。笑
失敗するっていうのを前面に出しても愛される人っているじゃん。
出川哲郎とか、狩野英孝とか。
やっぱりかわいさ、愛されることは大事だよ。

いやでも…自分もumaneco入って、さっきの話じゃないですけど、ラップも、脱力でってのは、段階でしかないんで…

一同:段階!?

俺には別の伸び代があると!!

いやっ!そういうことじゃないんすけど…

イチヨンくん今いくつ?20代?

30っす。

じゃあもういいだろ!!笑
まだ良く思われたいの??
まだかっこつけたいの?!

ちょ…ちょっと、待ってください。
ちょっとこれは…時期的に…

時期的に?笑
だいたい時期的にって言えば、だいたいそうだけどね。

じゃあ、わかった!
全員分のヘルプデスク作るよ!
いや、私のヘルプデスクを先に作るから。それならいいでしょ?

いや、のりさん(ののの)は、“タバコくれって言われた。”とか、その程度じゃないすか!自分のほうがたくさん迷惑かけてるんで…

その迷惑が助かるんだ!どんどんかけてくれ!

こんな優しいメンバーいないよ?笑

ピピピピ…
…ピピピピピ…ヘルプデスクダケハ
ピピピピ……ヤメテクダサイ

ヤッパリ、…ピピ…
カッコツケタイワケジャ…ピピピピ…
ナインデスケド
…ピピピピピ…

(拒否しすぎて壊れちゃった…)

イチヨンって、ものすごい面白いのにもったいないんすよ。取り繕って無理やりまともにしようとするから、帳尻が合わなくなっちゃう。

ある程度こういう奴なんだっていうキャラができたら、楽になるよ。

話、聞かせてもらってたんだけど、 この場にいる大半の人が、イチヨンくんの面白さがもっと知られた方が、売れるんだよって言ってくれているわけじゃない?そういうキャラを自分が持ってるんだっていうのは、一回意識してみたほうがいいんじゃないかな

そぉゆぅことです!笑

はたから聞いてても、みんなの言う通りにして、何か悪いことが起きる気はしない。

誰も貶めようと言ってるんじゃない。
売れる可能性があるよ。ぜったい面白いから。
トラブルを期待されるって最高じゃん。トラブルメイカーっていう役割もあるから。 次は何を起こしてくれるんだ?っていう期待に変わる。

トレーラーパーク・ボーイズみたいな?

そうそう。

本当にもったいないんですよ。
イチヨンってスタジオが一番面白い。

そうなんだ、楽屋真打みたいな。

あの…それは…
… ライブでも面白く持ってけるように、頑張ります…はい。
ちゃんとするんで。

ちゃんとしないこともエンターテインメントだから。

私らは怒るつもりないんだよ。
ヘルプデスクにメール来ても、笑えるやつしか公開しないし。 これはさすがに…って奴はつかわないから安心してくれ!笑

……考えさせてください…。

(どうなる?!umanecoヘルプデスク!)

みんな、来てね!!!!!!!!!
イベントページはこちら

本日のお店:
不動前BAR TRIO
℡ 03-5434-0128
〒141-0031 東京都品川区西五反田5丁目9−6 矢崎ビルB1

★umanecoがインタビューされるまで、応援だ↑↑★